お宝発掘レビュー

アクトレイザールネサンスレビュー ファーストインプレッション 

初期ステージのセントールクリアして
フィルモアのクリエイションまできたので
ファーストインプレッションをしるしておこうと思う。

ある程度プレイ後では完全に忘れてしまう第一印象は記録すべきかと

ただただ懐かしい

音楽もステージも懐かしいです。
にやけてしまうよね

アクションについて

アクションは
アクトレイザーといえば
空中硬直制御がむずくて
まあそれがアクトレイザーらしさかなーと思ったが
空中制御はちょっとできる

それと
アクションに追加要素があって
バックステップ回避→無敵時間有り
通常攻撃はコンボは3つ
最後の一発に前進キーをいれると切り抜けになって切り抜け中は無敵

それと
地上からジャンブと攻撃ボタン同時押しで切り上げ

空中でしたボタン押しながら攻撃ボタンで薪割りダイナミック ダメージは一緒

このへんの調整はかなり今風になっているんだけども
アクトレイザー特有の不自由さをのこしている

とくに回避がバックステップのみで
前方に無敵時間をまとったローリングが無い
これをいれてしまうと無敵時間をつかったローリングゲーになってしまって
ある意味ゴリ押しができるようになる。

ゴリ押しができないのがアクトレイザー
しっかり敵のモーションを見て
背後をとったり
敵の大きなモーションの攻撃を回避できれば
コンボで大ダメージを期待できる

モーションに派手さは無いものの
敵はある一定の動きを繰り返すので
パターンを見極めて攻略していくという死にゲー特有の積み上げができる

ハードモードの実装について

フィルモアアクト1のセントールをハードモードでプレイして思ったのは

昔やったときはゴリ押しで切りまくりでクリアしたけど
それではライフが足りないから無理と判明

そしてパターンの見極めをふくめて7回ほどのリトライでクリアできた
倒した瞬間
よっしゃ!を体感。

フム
これはハードモードのバランスが良い気がする・・・

ということで
ダクソとかホロウナイトでくじけぬ心を育てた人は
ハードでいってみてほしい。

ボス戦のリトライについて

コンテニュー回数がハードになると少なくなるんだが
それはステージをクリアするのに
コンテニュー回数が少ないほうが
敵の攻撃一撃一撃がヒリヒリするし回復アイテムを拾った時の
安堵感もひとしおだろうからよいと思う。

でもボス戦はなんどもリトライするので
リトライ性の高さは重要
コンテニューがつきて毎回戻されるのは
飽きてしまいそうなので
直前の神様像のセーブポイントからリロードしてリトライするといいと思う

タワーディフェンス要素が面白くないって声も結構聞くかが
まだまだこれからやっていくので
そのへんはまたクリア後のレビューにでも残そうと思う

Steamで直接購入してもいいし
こちらのサイトのお得意様はだいぶ安くなる

外部ストアはSteamセールに合わせてセールする場合あるので 確認しましょう

グリーンマンゲーミングでの価格が全然違う?お得意様優遇がやりすぎだったことが判明した前のページ

ゴーストランナー(Ghostrunner)/ゴーストリコン(Ghost Recon)/Alien: Isolation(おま国)など多数無料配布まとめ次のページ

ピックアップ記事

  1. PC用おすすめゲームパッド【2021年最新版】

関連記事

  1. お宝発掘レビュー

    【PC版】【追記①22/01/27】ニーアレプリカント、ファーストインプレッションレビュー

    Steamでニーアレプリカントをはじめたので第一印象のレビューを残…

  2. お宝発掘レビュー

    ウィッチャー3【2周目突入前レビュー/★★★★★】

    The Game Awards2015で「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」を…

  3. お宝発掘レビュー

    ブレイブリーデフォルト2完全ネタバレレビュー【未プレイの人は戻ってください】

    ネタバレ全開 未プレイの人は見ないでね ブレイブリーデフォル2がおもろ…

  4. お宝発掘レビュー

    スカイリムのバニラをおすすめする理由【280時間プレイレビュー】

    スカイリムはMODいれてしかプレイしたことがなく、今更バニラで…

  5. お宝発掘レビュー

    コードヴェインをレビュー ダクソの劣化コピーなのか?

    コードヴェイン 序盤プレイ後レビューCODE VEINコードヴ…

  6. お宝発掘レビュー

    Bloodstained: Ritual of the Night【ブラッドステインド】今更レビュー…

    今の時代でもメトロイドヴァニアというジャンルで十分おもしろいゲーム…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP