お宝発掘レビュー

ウィッチャー3【2周目突入前レビュー/★★★★★】

The Game Awards2015で「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞したゲーム。STEAMの評価は圧倒的に好評で、販売本数はPS4、PC合わせると世界で2000万本を超える。そんな爆売れウィッチャー3ですが、僕は何回チャレンジしてもハマれず、幾年もの間放置しつづけてきました。

でもなんとかリベンジしたいと思って、今回根性で100時間以上プレイしました。

やってて思ったのはある程度の事前準備いるな~ってことです。どうやったら楽しめるか、正直おもしろかったのかについて個人的に思ったこと書いていきたいと思います。

最重要!ウィッチャー3を楽しむポイント

ウィッチャー3はあらゆる点で丁寧に作り込まれたかなり完成度の高いゲームなんですが、積みゲーにしないためには最低限の準備がいると思います。
STEAMのレビューとか見てるとウィッチャー1と2をやってなくても楽しめる!という意見が多いですが、僕には無理でした。

皇帝の謁見するイベントが序盤あるんですが、聞いたことない人名や単語だらけの会話で、ひたすら置いてけぼり状態になります。

ウィッチャー1,2をやってなくても楽しめるってことは、会話をしっかり読んで、ゲーム内のテキストも読み込んでいけば色々理解出来るんかなと思い、ゲーム内の百科事典や本を読み込むも結局わからず、ゲームが進めば進むほど知らないキャラが登場してきて、ストレスは増大していきます。

ウィッチャー3の面白さというのは、キャラ育成とか敵を倒しまくる爽快感とかではなくて、原作小説をもとに丁寧に作り込まれたオープンワールドの世界とストーリーによって、その世界、物語に没入するという点だと思います。なのでキャラや世界情勢や事前のストーリーを知らない状態では、一番の美味しいところを捨ててるようものかと思います。

またゲームのシステム部分、レベルアップの方法やスキル、回復方法とかが和製のRPGとは多少違いますし、アイテムの種類が膨大な上に重量制限というのもあるので、何が必要で何が不要かについても知っておいたほうがよいです。

ウィッチャー3を楽しむためには大前提として、ウィッチャー1&2をやらなくてもいいにしても、原作ストーリーの流れやキャラクター等をある程度把握しておくことと、システム面を大雑把に理解しておくこと、必要不要なアイテムについて知っておくことが個人的には重要だと思います。

あと大量のサブクエストに圧倒されるというのもストレスになる人もいると思います。A型タイプの人には辛いですが、全部やろうとせず、放置することを受け入れることも大事です。
ゲラルトのレベルがクエストの推奨レベルから5レベルほど高くなってくるとクエストクリアで得られる経験値がほとんどなくなるので、必要性もないです。やりたいクエストだけ気軽にやればいいですし、メインクエストだけでも十分にレベル上がっていきます。

ウィッチャー3の楽しみ方はこちら。

面白いところ

・原作小説があるのでやっぱりストーリーが面白い。
世界観やキャラクタの背景とかわかってくると、一つ一つのクエストが面白い。
原作があるだけに世界観が徹底的につくりこまれていて、本当にその世界に没入できる。

・映像が美しいのも没入できるポイント。
数年前のゲームなのに、今までやってきたゲームの中で一番美しく感じました。剣や魔法といったファンタジーな世界を旅できるっていうのもいいですね。

・ファストトラベル出来るポイントがある程度絞られている。
一見不便ですが、その世界を冒険している感覚を味わうことが出来ますし、要所要所にファストトラベルポイントがあるのでそこまでストレスにはなりませんでした。
馬で長距離移動する場合、道に沿いであればボタン押しっぱなしで進めますし、美しい風景を堪能するのもいいものですね。

・難易度設定については微妙。
最近のゲームでは難易度を最初から下げることが出来るのが多いですね。
開発者さんからすれば間口を広げるためにも大事なことなのかもしれませんが、僕はこれはあまり好きではないです。なんというか達成感を感じなくなってしまいます。
ウィッチャー3は一応、難易度最難関の「デスマーチ」でクリアするというトロフィー(実績)があるので多少ですが。

ちなみに僕は難易度が普通の「ストーリー&バトル」でやりましたがこれでも十分難しくてやりごたえありました。

・やりこみ要素が膨大。
最強ゲラルトを作る場合、二週目突入しないと不可能な設計になってますし、攻略サイトなどを見ずに普通にクリアするだけだといくつかトロフィーを取り逃すことになると思います。
ですので、トロコンしたい!とかゲラルトを最強にしたい!といったやりこみ部分はかなりあります。
二週目はスキルポイントを引き継げるので、かなりスキルの組み方も自由が効くので色々ためすのも楽しいです。

・キャラクタの造形が洋ゲーなのに結構きれい。
最初はウェッティでリアルすぎるなと思っていましたが、女のキャラがスカイリムほど化物ではないですし、シリを筆頭に美人なキャラがそこそこいます(MOB含め)。エルフも美しい方のエルフで安心です。ブスキャラがしっかりブスなのもいい。しかし子供時代のシリはもう少しなんとかしてほしかったですね。

マイナスポイント

・主人公がイケおっさん
主人公は可愛い女の子じゃないといやな方にはキビイシイかも。僕も基本可愛いキャラじゃないと嫌なんですが、やってるとそれなりに慣れてきます。

・ダークな世界
世界がひたすら暗い、いつまでも暗いです。特に最初の長い時間を過ごすヴェレンが、ほんとにどんよりしてます。いつも空が曇ってます。加えてMOBにぶつかったときに文句言われたり、つばはかれます。戦争中の無法地帯なので表現としては適切なんだと思いますがつらい。

ちなみにDLCでメインとなるトゥサンという国は平和で、色彩豊かで多少リアリティにかけるかもしれないですが、本編でもこんな雰囲気が少しほしかった。

・ゲラルトの動作がもっさり。
高いところ登れないですし、ちょっとした高さから落ちて死んだりするので、オープンワールドの世界を走り回って堪能するといった楽しみは出来ないです。爽快さよりリアルさといった感じです。

・ちょこちょこバグがある。
これはそこまで致命的なものはなかったです。基本オートセーブまで戻れば大丈夫でした。
僕はボスが動き出さなくてゲームが進まないということと、NPCが動かなくなってクエストが進まなくなったことがありました。原因は不明です。
全体通してこの手のゲームにしては思ったよりバグすくなく感じました。

総評【★★★★★】

最低限の準備が必要ですが、ハマるとかなり楽しいです。やっぱり原作小説があるのでストーリーがしっかりしている。それぞれの登場人物とゲラルトとの関係がわかってくるとクエスト一つ一つが楽しいです。DLCの2本もどっちも面白かったです。
戦闘についても派手さはないし、なれないうちは難しいけど、ある程度戦い方がわかってくると楽しくなってきます。

トロコンについてはあと100時間くらいはやりこまないと無理そうな予感。トロコンと最強ゲラルト目指して二週目もやり込む予定です。

2年間投げっぱなしでクソゲーだと思っていた僕でも結局は楽しめたので、とりあえずsteamでセールしてるの見かけたら買っておいて損はないと思います。

ということで評価は★★★★★星5つです。

ウィッチャー3の購入方法

僕は何年か前にsteamで購入しました。DLCとか込みの『The Witcher 3: Wild Hunt – Game of the Year Edition』
値段はセールで2592円でした。度々セールはやってるのでゲーミングPCある方はSTEAMでセールで購入するのがおすすめ。

STEAMでウィッチャー3はこちら

プレステ4持ってる方はamazonだと6000円以内で購入できそうですが、検索して最も安いのが外国版だったりとなんだかややこしそうです。

amazonでウィッチャー3はこちら

Bloodstained: Ritual of the Night【ブラッドステインド】今更レビュー★★★★☆【トロコン済み/プレイ時間40時間】前のページ

イース8 steam版 冒頭プレイ段階でレビュー次のページ

ピックアップ記事

  1. PC用おすすめゲームパッド【2021年最新版】

関連記事

  1. お宝発掘レビュー

    SKIRO【セキロ】レビュー【★★★★★/トロコン済み/総プレイ時間】

    死にゲーの極みダクソやブラッドボーンのフロム・ソフトウェア制作…

  2. お宝発掘レビュー

    スカイリムのバニラをおすすめする理由【280時間プレイレビュー】

    スカイリムはMODいれてしかプレイしたことがなく、今更バニラで…

  3. お宝発掘レビュー

    アクトレイザールネサンスレビュー ファーストインプレッション 

    初期ステージのセントールクリアしてフィルモアのクリエイションまでき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP